1. トップ
  2. サポート
  3. オンラインマニュアル
  4. テーブルから業務フローを生成する

テーブルから業務フローを生成する

テーブル形式で業務ステップ、レーン、インプット/アウトプット、画面などをテキスト入力すると、
自動的に業務L3のフロー図を生成することができます。

 

テーブル入力情報からの自動業務フロー(L3)生成

スケッチを作成したいキャンバスを開き、「+スケッチ新規作成」をクリックしてください。

usage23-1.png

ポップアップ画面にて、スケッチ名、種別を入力、
スケッチタイプで「業務L3」を選択すると、
「テーブル入力から業務フローを生成する」というオプションが表示されます。

usage23-2.png

オプションにチェックを入れ、「作成」ボタンを押下すると、
情報を入力するテーブル画面が新規ブラウザタブで開きます。

usage23-6.png

業務フローを構成する業務ステップの情報を上から順番通りに記載していきます。
テーブルの項目は以下の通りです。

スライドしてご覧ください

テーブル コラム表示名
対応するクリップタイプ
※補足事項
業務ステップ
業務L3
 
開始条件
イベント
 
役割
レーン
 
画面
画面
1業務に対して、1クリップのみ配置可能です。
インプット(情報)
情報
1業務に対して、複数クリップを配置できます。セル内に改行区切りで文字を入力すると、各行に対してクリップが作成されます。
アウトプット(情報)
情報
1業務に対して、複数クリップを配置できます。セル内に改行区切りで文字を入力すると、各行に対してクリップが作成されます。
インプット(帳票)
帳票
1業務に対して、複数クリップを配置できます。セル内に改行区切りで文字を入力すると、各行に対してクリップが作成されます。
アウトプット(帳票)
帳票
1業務に対して、複数クリップを配置できます。セル内に改行区切りで文字を入力すると、各行に対してクリップが作成されます。

デフォルトでは6行のみ表示されておりますが、
最終行にデータを入力すると、自動的に下へ3行ずつ追加される仕様となっております。

情報の入力が完了しましたら、「生成」ボタンを押下してください。
ご入力いただいた内容で、スケッチが作成されます。

テーブルからスケッチが生成された時点では、内容は保存されていません。
引き続き編集する場合も、一度保存を実行いただくことをお勧めいたします。

usage23-7.png
usage23-8.png

分岐/合流やループ表現はテーブル形式で入力しにくにため、現時点では対応しておりません。フローの主要なルートを生成した後、分岐/合流/ループ等の複雑な構造はスケッチ編集画面でマニュアルで作成してください。

テーブルからフロー生成した場合、
左のレーンから右のレーンにまたがる矢印がクリップに重なってしまうことがございます。
必要に応じて、こちらもスケッチ画面にて修正いただきますようお願いいたします。

サービスを
利用してみる

30日間無料で、スケッチ(図)を無制限で作成できる
「パーソナルプラン」をご利用いただけます。
この機会に、Ranabase(ラーナベース)で継続的な業務改善を始めてみませんか?

サービス紹介やお役立ち資料を無料でご活用いただけます