1. トップ
  2. ソリューション
  3. 尖って良い! 差別化領域は自社らしさを伸ばすアジャイル開発

尖って良い!
差別化領域は自社らしさを伸ばすアジャイル開発

お悩み

お客様を第一とする業務プロセスに変えたいのだが、どのように進めたら良いか。

解決策

顧客満足につながることを特定し、そのために社内業務がどうあるべきかを考えよう

お客様の期待、信頼、心地良さに影響することは「差別化要件」と捉え、それに応えるように社内業務をとことん磨き上げる必要があります。お客様に提供する情報の精度や、お客様要求の変更に対応するスピードや柔軟性などを向上させるには、顧客接点のみならず、物流・生産・設計など社内業務の奥深くまで影響が及びます。

カスタマージャーニーマップ

お悩み

もっとデータを有効活用してカスタマーサクセスに貢献したいが、データが使える形で蓄積されていない

解決策

現状データに囚われず、アクションのためにどんなデータが必要かを考えよう

社内のデータは各部署の都合で蓄積されているものがほとんどです。お客様のためにどんなアクションを取りたいかを先に定め、そのための情報 (データ間の関係性やデータの項目) はどうあるべきかを検討しましょう。

データモデル

お悩み

理想的な姿を思い描くのは良いが、現状の基幹システムを作り変えるには時間もお金もかかってしまう

解決策

ローコード開発プラットフォームを現状システムに被せ、小さく早い成果を目指そう

プロセスに対する差別化要件と、アクションを取るためのデータが明確になったら、それを実現するためのシステムを検討します。差別化要件は今後も変化しますので、基幹システムの根幹を変えるのは得策ではありません。表面的に連携させ、柔軟に変えてゆける仕掛けにして、成果を見ながら広げてゆきましょう。

ローコード開発プラットフォーム

お悩み

今後はシステム開発を内製化してゆきたいが、アジャイル開発をリードできるような人材がいない

解決策

今後はシステム開発を内製化してゆきたいが、アジャイル開発をリードできるような人材がいない

ローコード開発プラットフォームは従来の開発手法に比べれば早く簡単に習得できますが、使い手の習熟度によって開発スピードには差が出ます。始めは慣れた外部のエンジニアと社内の人材で混成チームを作り、業務要件から実装までアジャイル型で進められる人材を徐々に育成しましょう。

アジャイル開発

お役立ち資料やテンプレート

関連するソリューション

さらに詳しく知りたい方へ

サービスを
利用してみる

30日間無料で、スケッチ(図)を無制限で作成できる
「ベーシックプラン」をご利用いただけます。
この機会に、Ranabase(ラーナベース)で継続的な業務改善を始めてみませんか?

サービス紹介やお役立ち資料を無料でご活用いただけます